高知の泌尿器科・皮ふ科診療のかさはらクリニックです。

高知の泌尿器科・皮ふ科診療のかさはらクリニックです。 TEL アクセス ブログ
  • トップ
  • 診療案内
  • 女性泌尿器科外来

女性泌尿器科

女性泌尿器外来

目次

1.こんな症状でお困りではありませんか?
2.当院の女性泌尿器外来とは
3.女性泌尿器外来の特徴
4.対応可能な症状
5.対応可能な疾患
6.先進的な内視鏡検査
7.女性泌尿器外来受診をご希望の方へ

こんな症状でお困りではありませんか?

血の混じった尿がでる
尿が赤い
最近排尿がしずらい
排尿後に毎回残尿感がある
一日あたりの排尿回数が最近増えた
吐き気が理由もなくある
排尿時に痛みが走る
膀胱あたりが痛い
背中に痛みがある
尿が漏れる

このような泌尿器の異常は、一般的な内科クリニックでも診療は可能ですが、精密な検査をしないと見落としてしまう疾患が隠れている場合が多くあるものです。「尿が赤い」「排尿時の陰部の痛み」「膀胱が痛い」という明らかな症状ならまだしも、「背中が痛い」といったような、一見泌尿器とは関係のない症状も泌尿器の疾患が原因である可能性も大いにあります。

また女性は尿道が短いという構造上の問題から、膀胱炎になりやすいとされています。清潔さを維持するために過度に洗浄することで再発してしまう場合もあります。症状が落ち着いたとしても、医師からの確認が出るまで治療をしましょう。

「頻尿が続いて心配だ」「精密な検査を受けて、安心したい」というご要望がある方はまずは、かさはらクリニック女性泌尿器外来へご来院ください。

当院の女性泌尿器外来

女性泌尿器外来では、女性泌尿器特有の症状を専門として診療を実施しております。泌尿器官の異常や、排尿でお悩みの患者様はお気軽にご相談いただきたく思います。もちろんプライバシーには最大限配慮した診療やご案内を徹底しております。

女性は特有の「月経・妊娠・出産・閉経」といった特有の事象があることから、膀胱炎を始めとした泌尿器疾患にかかりやすい可能性が高いです。尿漏れなどは、「年齢のせい」と諦めてしまうことも多い症状ですが、場合によっては疾患が存在しているための症状の可能性もあり、放置することで腎臓にも影響を及ぼしてしまうこともあります。

いつものことで、症状も大したことが無いからと放置しておいたら、実は隠れた「がん」だったという事も往々にしてあります。泌尿器のがんはすぐに転移してしまい、根治が難しくなる可能性もあります。何か身体の異常・いつもは感じていない症状が少しでも感じているようであれば、何か疾患が裏には隠れていると考えられます。

がんの症状に関してさらに補足しておきますと、早期泌尿器系のがんには自覚症状がほとんどありません。つまり、自力での発見が困難であり、逆に言えば自覚症状が出始めたころにはもう「手遅れ」と言われる状態にまで進行してしまっていると言えます。検診などで異常があった場合はもちろん、少しでも異変を感じている際はぜひ当院を受診していただき、現状について詳しくご説明させていただければなと思います。

女性泌尿器外来の特徴

特徴①
泌尿器科専門の院長が診療から検査・治療まで対応します!

当院は、泌尿器科領域を扱うスペシャリストな専門医の医師が在籍している泌尿器科専門特化クリニックです。内科専門医や小児科専門医が片手間で泌尿器も診察しているのではなく、泌尿器に特化して診療してきた医師が対応致します。膀胱がんといった危険な疾患を常に視野に入れつつ、診察・検査・治療ができるように努めております。
※疾患によっては高次医療機関へのご紹介となります

特徴②
24時間WEB予約受付中

当院の泌尿器科専門外来診療は、24時間WEB予約を受け付けております。HPのバナーから非常に簡単にいつでも予約が完了できます。「長い時間院内で待ちたくない」「時間の合間を縫って診察を受けたい」という方は、ぜひ当院のWEB予約システムから時間帯を指定してご予約ください。
※ご予約いただいていない方はお待ちいただくお時間が長くなってしまう可能性がございます

特徴③
痛みの少ない膀胱鏡検査

当院の膀胱鏡は、軟性膀胱鏡を採用しており、従来の硬性鏡に比べて検査時の痛みが少なくてすみます。またゼリー状の麻酔を使用し、極力痛みを感じないように対策しております。検査中も、看護師や医師による声掛けを行っておりますので、安心して検査を受けることができます。

特徴④
徹底したプライバシー対策

外陰部を診察する際はカーテンで仕切り、プライバシーに十分配慮して診察を行います。外陰部を診察する際はカーテンで仕切り、プライバシーに十分配慮して診察を行います。
またWEB問診を導入しているため、受付で症状を口に出したり、待合室で紙の問診を記入するなどをする必要がありません。
また、診察には女性の看護師が同席いたします。検査も女性の看護師が補助を行いますので、ご安心いただけるかと思います。

特徴⑤
院内感染症対策を徹底しております

当クリニックの院内ではコロナ感染症に対して、徹底的な感染予防対策を行っております。詳しくは
・アクリル板
・徹底した換気
・消毒
・入り口での検温
このような対策を行っております。安心して患者様がご来院いただけるように最大限環境を整えてお待ちしております。

対応可能な症状

泌尿器関連

尿が出しずらい・排尿に勢いがない・尿が出てくるまで時間がかかる・排尿時痛みがある・膀胱のあたりが痛い・尿が赤い・頻尿

検診異常

尿潜血陽性・泌尿器超音波検査・血液検査で腎機能が異常値の方

対応可能な疾患

がん

膀胱がん・腎細胞がん・腎う尿管がん

泌尿器疾患

急性膀胱炎・急性腎盂腎炎・尿失禁・過活動膀胱・神経性膀胱・心因性頻尿・尿路(尿管)結石症・腎機能障害・骨盤臓器脱

泌尿器精密検査(腹部超音波検査・膀胱内視鏡・残尿エコー検査・残尿エコー検査)

当クリニックでは、泌尿器科を専門として診察してきた実績豊富な医師が常勤しているため、正確な病原特定が可能です。また検査や診察において「プライバシーに最大限配慮」しつつ「すぐ終わる痛みや苦しさの少ない膀胱鏡検査」を実現できるように研鑽を積んでおります。
原因特定に必要な検査を適宜推奨させていただく可能性がございます。

腹部超音波検査

主に腎臓や膀胱を観察し、異常が無いかを確認します。結石があるないかもこの検査にて確認をいたします。

膀胱内視鏡検査

膀胱鏡を挿入して膀胱や尿道などを直接確認します。炎症やがんなどが原因で、血尿が出ているのかどうかを目で見ることで疾患の特定をしていきます。当院は軟性膀胱鏡と麻酔を使っております。さらに泌尿器科専門医が担当するため、痛みを最小限に抑えることが可能です。

残尿エコー

排尿後の残尿がどれくらいあるかをエコーにより確認いたします。また尿閉(尿道が何らかの原因でふさがってしまっている状態)のため排尿できなかった場合に、膀胱容量を計測します。

泌尿器外来をご希望の方へ

泌尿器の異常を少しでも感じている方は、まずは当院へご相談ください。どんな些細な症状・変化であったとしても、がんのような深刻な疾患の可能性もあり得ます。早期発見によって根治の可能性、ひいては生存率も大きく変わってきます。

ご不明点・ご不安な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約は下記のバナーから行っていただくと便利です。ご都合の良いお時間をお選びいただきご来院ください。
※ご予約が無い場合は、待ち時間が長くなってしまう可能性がございます


文責
泌尿器科・皮ふ科 かさはらクリニック
院長 笠原高太郎

トップページへ戻る

診療時間
 
 
9:00 ~ 12:30
(受付12:00まで)
14:00 ~ 18:00
(受付17:30まで)
16:30まで
(受付16:00まで)

受付時間は診療時間終了の30分前までとなります。

ネット予約はこちら
ネット予約はこちら
TEL:088-855-3311
tel:088-855-3311