TOPへ

膀胱がん

このような異常や違和感ありませんか?

このような異常や違和感ありませんか?
  • 血尿が出ている
  • 排尿時の痛みや不快感
  • 頻尿になっている
  • 下腹部や腰の痛みがある
  • 尿意切迫感がある
  • 続く疲労感や倦怠感

膀胱がんの主な症状は血尿です。血尿には、尿の色が赤や茶色など、目で見てわかる血尿(肉眼的血尿)と、顕微鏡でわかる血尿(顕微鏡的血尿)があります。膀胱がんによる血尿には、痛みなどの自覚症状が見られないことが特徴です。症状が無く、血尿が出たり出なかったりするため、受診をしない間に病気が進行してしまう場合もあります。膀胱炎や尿路結石、前立腺肥大などでも似たような症状が出てくることもあるため、血尿が出た場合や、健康診断で尿潜血を指摘された場合は、はやめに泌尿器科を受診することをおすすめします。

そもそも膀胱がんとは?

膀胱がんは、膀胱の内側を覆う粘膜から発生する悪性腫瘍です。膀胱は尿を一時的に貯留する臓器で、がんが進行すると膀胱壁を越えて周囲の臓器やリンパ節に広がることがあります。膀胱がんは男性に多く見られ、特に50歳以上の高齢者に発症することが多いです。

膀胱がんの原因

膀胱がんの原因は完全には解明されていませんが、いくつかのリスク要因が知られています。

  1. 喫煙

    • 喫煙は膀胱がんのリスクを大幅に高める主要な要因です。
  2. 化学物質への曝露

    • アニリン染料やベンジジンなどの特定の化学物質に長期間曝露されることが発病リスクを増加させます。
  3. 慢性的な膀胱炎

    • 長期間続く膀胱の炎症もリスクを高めます。

放射線治療の既往

骨盤部への放射線治療が膀胱がんのリスクを増加させることがあります。

遺伝的要因

家族に膀胱がんの既往がある場合、発病リスクが高まります。

膀胱がんの検査

尿検査

尿中に血液やがん細胞が含まれているかどうかを調べます。

膀胱鏡検査

内視鏡を膀胱内へ挿入して、がんがあるかどうか、その場所、大きさ、数、形などを確認する検査です。膀胱がんの診断と治療方針の決定のために必ず行う検査です。多くの場合、膀胱がんであるかどうかは、膀胱鏡検査によってわかります。

CT

がんの存在や広がりを見たり、リンパ節やほかの臓器への転移を確認したりするための検査です。X線を体の周囲からあてて、体の断面を画像にします。短時間でがんの位置や形を細かく映し出すことができます。
膀胱がんが疑われたときは痛みが少ない検査を中心に実施し、これらの検査で異常が認められた場合に病理検査を行います。膀胱がんでみられる血尿は痛みを伴わないことも多く、忙しいと放置してしまうこともありますが、気になる症状があれば病院を受診し、早期発見につなげるようにしましょう。

膀胱がんの治療方法

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)

早期の膀胱がんに対して行われる手術で、尿道から内視鏡を挿入し、腫瘍を切除します。

膀胱全摘除術

進行した膀胱がんに対して、膀胱を全て摘出する手術です。場合によっては、新膀胱を形成する手術も行われます。

化学療法

抗がん剤を使用してがん細胞を縮小させる治療法です。手術前後に行われることが多いです。

免疫療法

免疫チェックポイント阻害薬などを用いて、免疫系を活性化し、がん細胞を攻撃します。

※一部治療方法については、当院では実施できないため、しかるべき医療機関様へご紹介いたします。

膀胱がんの対策

  • 禁煙

    • 喫煙は膀胱がんのリスクを大幅に高めるため、禁煙が推奨されます。
  • 水分摂取

    • 十分な水分を摂取することで、尿の排出を促し、膀胱内の有害物質を洗い流します。
  • 健康的な食生活

    • バランスの取れた食事を心がけ、加工食品や高脂肪食の摂取を控えることが予防に繋がります。

上記のような対策を行うことで防げる可能性は増加します。

膀胱がんでお悩みの方は
当院へご来院ください

膀胱がんの症状やリスク要因に該当する場合、早期発見と適切な治療が重要です。当院では、経験豊富な専門医による診察と最新の検査機器を用いた正確な診断を行っています。少しでも気になる症状がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

ご予約には24時間対応可能なWEB予約がお勧めです。
下記ボタンよりお進みください。

WEB予約はこちら
(24時間対応可能)