採血のみで行われるPSA検査。PSA検査で前立腺がんを早期発見できるので、最近ではテレビでもよく話題になっています。

PSAとは、Prostate Specific Antigen(前立腺特異抗原)の略語です。これは前立腺の上皮細胞から精液に分泌されるタンパクで、射精直後のゲル状の精液をさらさらする働きがあるといわれています。その一部は血液中にも存在し、前立腺のがんや炎症などで血液中のPSA値が高くなることがわかっています。

一般的にPSAが高いと言われる基準値は4ng/mLとされています。PSAは前立腺癌ではほとんどの場合上昇しますが、前立腺肥大症、前立腺炎、尿道にカテーテルなどが入った状態、尿閉(尿が全くでない)、などの場合にも上昇することがあります。またホルモン製剤など薬物の影響でPSA値が変化することもあります。PSAが高いと言われた場合、一般的にはPSAを再検し、超音波検査で前立腺の大きさや形態を観察します。さらに検尿や直腸診で前立腺に硬い部分や炎症がないかどうかをみます。これらを総合的に考慮して、癌が疑われるようであれば、前立腺MRI検査や確定診断に必須である前立腺針生検(前立腺組織の一部を採取する検査)を行います。PSA値が高いといわれた方は、一度泌尿器科の専門施設を受診されることをお勧めいたします。