女性の4割が悩んでいます

「腹圧性尿失禁 」
尿失禁とは自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうことをいいます。一口に尿失禁といってもさまざまな症状があり(1)腹圧性尿失禁(2)切迫性尿失禁(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁(4)機能性尿失禁と大きく4つに分類されます。

今回は(1)の腹圧性尿失禁 について説明したいと思います。

重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。女性の尿失禁の中で最も多く、女性の4割を超える方が悩まれているといわれています。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩むために起こり、加齢や出産を契機に出現します。排便時の強いいきみ、喘息なども骨盤底筋を傷める原因になるといわれています。腹圧性尿失禁の治療法は、失禁量の比較的少ない軽症の場合には、尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くする骨盤底筋体操をすることで改善が期待できます。骨盤底筋体操は膣や肛門を締める動きで骨盤底筋を収縮させて鍛える方法です。また、肥満の方は減量することも有効です。骨盤底筋訓練などの保存的療法では改善しない場合は手術の適応となります。ポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してぐらつく尿道を支える「TVT手術」または「TOT手術」は体への負担が少なく、長期成績も優れています。尿失禁は生命に直接影響するわけではありませんが、生活の質を低下させてしまう病気です。我慢せずに泌尿器科の受診をおすすめします。