1日トイレに8回以上行く

…過活動膀胱かもしれません。

過活動膀胱とは、膀胱が過敏になって、尿が十分に貯まっていないうちに尿意切迫感(急に起こる強い尿意)がみられる状態をいいます。このような症状があると、いつ尿意が襲ってくるかわからないので、外出できなくなり、家に閉じこもりがちになる人もいます。
40歳以上でこのような症状を感じている人は男女合わせて約810万人いるといわれますが、実際に医療機関を受診して治療を受けている人は、わずか20%にすぎないと推測されています。
過活動膀胱の原因は、脳や脊髄といった中枢神経の障害、男性の前立腺肥大による尿道閉塞や女性の骨盤底筋障害などがありますが、原因不明のものがもっとも多いとされています。
1日の排尿回数が8回以上あり、かつ尿意切迫感が週に1回以上ある場合、医療機関の受診をおすすめします。診断は、まず簡単な質問用紙を使って症状を把握します。
その後尿検査や超音波検査などによって、尿路感染症や尿路結石、前立腺肥大症、がんなどの存在が除外されれば、過活動膀胱と診断して治療を始めます。治療は内服薬で過敏になった膀胱を和らげる薬物療法や、骨盤底筋を鍛える体操を行うなどの行動療法がありますが、薬物療法を行うことが一般的です。男性の場合は、前立腺肥大症が原因で過活動膀胱の症状がみられる場合があり、その場合は前立腺肥大症の治療を行います。