精液中に血液が混じることを血精液症といいます。精液の液状成分の大部分は、前立腺とそれに付随した精嚢からの分泌物ですので、出血部位は前立腺、精嚢からがほとんどです。出血の時期が古いと黒っぽくなり、血液の塊が混じることもあります。逆に比較的新しい出血では鮮血色になります。

血精液症の原因として、前立腺や精嚢の炎症や、うっ血などの局所の循環障害、精巣・精巣上体・精嚢・前立腺の腫瘍、結石などが挙げられます。また血が止まりにくい状態や、血管がもろく出血しやすい状態の場合、射精時に精嚢の微小血管から出血することがあります。しかし、原因がはっきりしない場合がほとんどです。診断は、精巣・精巣上体などの外陰部診察を行い、次に直腸診や超音波検査で前立腺・精嚢に異常がないかを調べます。検尿で血尿を伴う場合は腎臓や膀胱を超音波検査で調べます。超音波検査で異常を認めた場合はCT、MRIを追加することもあります。また、中高年以上の方は前立腺癌の有無を調べるためPSAという腫瘍マーカーの採血を行います。治療は、検査で炎症疾患が疑われる場合には抗生物質や抗炎症薬の投与を、出血が持続する場合は止血剤の投与が行われます。血精液症は重篤な疾患が原因であることは少なく、数か月で改善されることがほとんどです。しかし、悪性疾患が見つかる場合も数%あるので不安な方は泌尿器科受診をおすすめします

採血のみで行われるPSA検査。PSA検査で前立腺がんを早期発見できるので、最近ではテレビでもよく話題になっています。

PSAとは、Prostate Specific Antigen(前立腺特異抗原)の略語です。これは前立腺の上皮細胞から精液に分泌されるタンパクで、射精直後のゲル状の精液をさらさらする働きがあるといわれています。その一部は血液中にも存在し、前立腺のがんや炎症などで血液中のPSA値が高くなることがわかっています。

一般的にPSAが高いと言われる基準値は4ng/mLとされています。PSAは前立腺癌ではほとんどの場合上昇しますが、前立腺肥大症、前立腺炎、尿道にカテーテルなどが入った状態、尿閉(尿が全くでない)、などの場合にも上昇することがあります。またホルモン製剤など薬物の影響でPSA値が変化することもあります。PSAが高いと言われた場合、一般的にはPSAを再検し、超音波検査で前立腺の大きさや形態を観察します。さらに検尿や直腸診で前立腺に硬い部分や炎症がないかどうかをみます。これらを総合的に考慮して、癌が疑われるようであれば、前立腺MRI検査や確定診断に必須である前立腺針生検(前立腺組織の一部を採取する検査)を行います。PSA値が高いといわれた方は、一度泌尿器科の専門施設を受診されることをお勧めいたします。

正常な尿の色は淡黄色から淡黄褐色です。これは、血液が分解された時にでるウロビリンといわれる代謝物の色です。水分摂取量が多いと、水分量調節のためにたくさんの水が尿として排出されるため、ウロビリンの量も薄まり透明に近くなります。水分摂取量が少なければ尿量が減って濃い色になります。睡眠中は尿量を減らすしくみが働き尿を濃縮しているため、起床時の尿の色が濃いのは正常です。日中も朝と同じ濃い尿が出たときは脱水かもしれません。
ビタミン剤を飲んだときは、鮮やかな濃い黄色の尿が出ることがありますが、これはビタミン剤の色です。尿の色が赤色~ピンクの場合、尿に血液が混じった血尿が考えられます。血尿の原因として、尿路の悪性腫瘍(がん)や尿路結石、尿路感染症などが考えられます。尿の色が白色の場合、尿に白血球が混ざった膿尿が考えられます。尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎など)の際に認められます。濃い茶色の場合、尿の中にビリルビンという物質が混じり濃い茶色になっている可能性があり、肝臓に異常があり黄疸をおこしている場合があります。

尿の色調で気になることがあれば早めに泌尿器科を受診されることをおすすめします。

「腹圧性尿失禁 」
尿失禁とは自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうことをいいます。一口に尿失禁といってもさまざまな症状があり(1)腹圧性尿失禁(2)切迫性尿失禁(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁(4)機能性尿失禁と大きく4つに分類されます。

今回は(1)の腹圧性尿失禁 について説明したいと思います。

重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。女性の尿失禁の中で最も多く、女性の4割を超える方が悩まれているといわれています。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩むために起こり、加齢や出産を契機に出現します。排便時の強いいきみ、喘息なども骨盤底筋を傷める原因になるといわれています。腹圧性尿失禁の治療法は、失禁量の比較的少ない軽症の場合には、尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くする骨盤底筋体操をすることで改善が期待できます。骨盤底筋体操は膣や肛門を締める動きで骨盤底筋を収縮させて鍛える方法です。また、肥満の方は減量することも有効です。骨盤底筋訓練などの保存的療法では改善しない場合は手術の適応となります。ポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してぐらつく尿道を支える「TVT手術」または「TOT手術」は体への負担が少なく、長期成績も優れています。尿失禁は生命に直接影響するわけではありませんが、生活の質を低下させてしまう病気です。我慢せずに泌尿器科の受診をおすすめします。

 

おしっこしようと思っても出なくなる状態を尿閉(にょうへい)といいます。尿閉は、男性にも女性にも起こりますが、男性に多く、その原因のほとんどは前立腺肥大症です。前立腺は尿をためる膀胱(ぼうこう)の下に位置する臓器で、この前立腺が腫れてくるのが前立腺肥大症です。前立腺肥大症が進むと、尿の通り道である尿道が圧迫されて狭くなり、尿が出にくくなったり排尿の間隔が短くなったりします。 このような症状をそのままにしておくと、お酒をたくさん飲んだ際に、前立腺が充血して腫れ、膀胱の出口が閉まってしまい尿閉を起こします。また飲酒だけでなく、長時間の座位、咳止め薬、感冒薬、精神安定剤、不整脈のくすりなどが誘因になることがあります。尿閉は大変つらい症状です。それを予防するためにも、尿の出る勢いが弱い、おしっこに時間がかかる、夜中に何度もトイレに起きる、という症状のある方は泌尿器科の医師にご相談ください。

1 2 3 5